FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsユーザーはMacへの切り替えを検討する人、結構多けれど、MacユーザーのほとんどはWindowsへ乗り換えようとしない。

WindowsユーザーはMacへの切り替えを検討する人、結構多けれど、MacユーザーのほとんどはWindowsへ乗り換えようとしない。

当の私は両刀ですが、この気持ち結構わかるかもしれません。

デザインがいいを取るのもあるかもしれませんが、キーボードの打ちやすさから、タッチパネルの使いやすさ、webサーフィンのショートカットの豊富さなど色々取り上げてもMacの利便性を知ってしまったら後戻りはできないかもしれません。

ひと昔前は低価格で家計に優しいWindowsでしたが、最近はMacBook Airなど安く購入できるものも増えております。

またiPhoneとの連携アプリなども多彩で、PCがスマートフォンのサブになってしまうような時代になってくると、やはりMacの存在感が出てきます。

ちなみに私のようにアプリを開発しているものにとってXcodeは必須ですね。
WindowsでもiOSを作れるものもVisual Studioから出たそうですが、Macの頻繁なアップデートについていけるか心配ですね。Xcodeのアップデートでさえ、時に破壊的と呼ばれるものもありますので。。

今週の気になるニュースより
Windowsユーザーの21%がMacへ乗り換えようと思う一方、MacからWindowsに乗り換えようというユーザーはどれくらいいるのか?
https://gunosy.com/articles/RBDGG

PCやモバイル端末のOS・ブラウザなどの市場シェアを調査するNetMarketShareによれば、PCのOSシェアはWindows 7が約49%、Windows 10が約27%とWindows 7/10だけで全体の4分の3以上を占めています。しかし、アメリカで行われた調査によれば、そのWindowsユーザーの21%がMacへの移行を検討していることが明らかになっています。

調査会社のVerto Analyticsがアメリカのコンピューター所有者に対して調査を行いました。調査では、18歳以上のアメリカのWindowsユーザーに対して、今後6~24か月以内に次の端末としてMacBookなどのApple端末を購入予定かどうかを尋ねています。調査の結果、なんと21%ものWindowsユーザーが将来的にAppleの端末(MacBookやiMac)に乗り換えることを検討していると回答しています。
さらに、Windowsユーザーを所得で分類したところ、15万ドル(約1700万円)以上を稼ぐ高所得者層のユーザーが最もMacへの移行に関心を持っていることが明らかになっています。なお、最もMacへの移行に関心を抱いていたのは15万ドル以上を稼ぐ高所得者層(20%)で、興味深いことに、次に関心を抱いていたのは所得が1万5000ドル(約170万円)以下の低所得者層(14%)でした。なお、低所得者層には10~20代の若者が多いとのこと。

これに対して、Apple端末ユーザーの中でWindowsへの乗り換えを検討しているユーザーの割合は、なんとわずか2%でほとんどが乗り換えを検討していなかったそうです。
なお、WindowsからMacへの乗り換えを検討しているユーザーの割合は、デスクトップPCユーザーに限定するとより増えるそうで、WindowsのデスクトップPCを使用するユーザーの25%が今後6~24か月でMac(iMacやMac mini、Mac Pro)への乗り換えを計画しているとのことです。

ByDobaKung
また、WindowsからMacへの乗り換えを実行しているのは一般消費者だけではありません。2015年にIBMがWindowsとMacのどちらを仕事に利用するか従業員が選択できるようにしたところ、従業員の使用する端末への習熟度が向上したからか、IBM内のITサポート担当スタッフへの問い合わせが激減してスタッフを大幅削減することにつながったそうです。これにより、IBMは従業員ひとりにつき270ドル(約3万1000円)の節約に成功したそうです。
IBMによるMacの導入については以下のムービーで見ることが可能。日本語字幕をセットすればムービーに日本語字幕を付けることができます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。