FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルイヤホンで特許?

ニュースを自分の声で記録するアプリ:Catch Questions開発者のShinより本日気になるニュースをCatchします。

本日はアップルの新型無線イヤホンに関する記事についてです。

趣味で音楽を聴きながらランニングをする私にとって無線イヤホンの技術開発は心より願っている事柄でもあります。現在は無線イヤホンが少し値段が張るところと、イヤホンを結構紛失してしまう癖のある私にとっては、その価格が大変気になるところでもあります。

そこで特許というところがネックになってしまうかもしれませんね。

こういう技術は開発者保護という一面もあるので否定ばかりしては申し訳ないですが特許が認められてしまうと独占状態になるので価格は高く据え置かれるかと。。

個人的にはアップルファンですが特許を棄却して欲しい〜、なんていうのは身勝手でしょうか。。

As a producer of Catch Questions
http://catch-questions.com

「参考ニュース」

アップル、新型無線イヤホンの特許取得 次期iPhoneに付属か
CNN.co.jp 3月2日(水)11時57分配信

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルが1日、新型イヤホン「EarPod」の特許を取得した。スマートフォン「iPhone」の次期モデルには、このイヤホンが付属する可能性もある。

特許が認められたEarPodは無線でも有線でもiPhoneに接続できる。有線の場合はコードの一端を磁石でイヤホンに接続し、もう一端を端子に差し込む。

次期iPhoneを巡っては、ヘッドホン端子がなくなるといううわさも出回っていた。EarPodは無線技術のブルートゥースを使ってiPhoneに接続する仕組みになると多くは予想。一部では、iPhoneの充電に使われる「ライトニング」という端子に接続させるのではないかとも見られている。

しかし音楽再生機器がすべてブルートゥースに対応しているとは限らない。そこでアップルの特許ではハイブリッド方式の着脱式イヤホンを設計。無線で使う場合はコードを取り外し、必要な場合はコードを接続できるようにした。

ただ、EarPodがそのままの姿で次のiPhoneに付属するとは限らない。特許が出願されたのは2011年3月。技術はその後も大きく進歩している。

次期iPhoneからヘッドホン端子がなくなるといううわさは昨年11月ごろに浮上し、アップルに部品を供給しているサプライヤー数社もそのうわさを確認したと伝えられていた。

現在の「iPhone 6s」は厚さ7.1ミリ。これ以上薄くしたいと思えば、3.5ミリのイヤホン用ジャックには対応できなくなる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。